豊史ワールド
  • HOME
  • 豊史ワールド

2012年07月16日
20120716「海の日」によせて

「海の日」 
国民の祝日です。
日本がこれから世界の中で自らをどのようにとらえればよいのか
ここに答えがあります

祝日はお祝いの日ですが、何を祝うかというと、
具体的には感謝する日、感謝する時間だと私は思う

きょうは午前中、同僚の県議会議員田畑裕明さんと、
長勢代議士の街頭演説カー通称「ながせ号」をお借りして、
市内南部地域中心に演説して回りました

テーマはせっかくなので「海」にして、
世界有数の海洋国家日本の将来、
そして富山から発信する海について熱く演説してきました
きょうは気温も最高で、帰って確認したら35度超えていたようです
今年一番の暑さの中での街頭演説は やはりきたえられます
地域の方や、通行中の方はもちろんですが、
横で聞いている同志に笑われないような中身をと思うと
とてもたいへんです

しかし自民党への期待を起こす事ができる可能性は、やはり
危機感、責任、自ら動く、
これしかないように思います

久しく街宣から遠ざかっていた事もあり
おまえ 以前より下手になっとるぞとの
きつい言葉も先輩からいただいておりましたので
はりきってがんばります

(私事おまけ)
我が家の欠かす事無い年中行事の一つに、「海の日は海に入る」があります
それで、子どもを朝日の海に連れて行きました
2才の三女は初めてのうきわ海デビューでしたが
浮き輪につかまらずバランスを取り
上の子たちが怖がる足の届かない深さまで
平気ですいーすいーと進んだのにはオドロキました
野生児的部分は俺に一番似ているかもと思い
うれしいやらこわいやらです











2012年01月20日
陽光その2

先日、地元の先輩との話の中で、新春の北日本新聞社色紙展が話題になりました
「吉田君の習字みてきたよ。君が、あの2文字を選んだのはどうしてだったの。」
と、聞かれました。
字を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったりは、意識してそれらに取り組むときは必ず意図があるのは確かです
字が下手ですが、だからこそその分真剣に字選びに取り組みます
先輩がその点を聞いてくださったことが、うれしかったわけです
平成23年を振り返ってみると、本当に激動激変の一年でした
数字語呂合わせ好きの私にとっては、昨年は密かにヘイセイフミネンでもあったのですが、この国にとってのみならず、
自身に、本当に厳しい一年でした
自分の未熟さ非力さをいやというほど知らされました
しかし
なみにうちひしがれるのみではなく
挑戦の芽をいただいた
新たな始まりの年でもあったと思います

今年になっていただいた言葉です
「寒いときは上へ伸びようとするのではなく、下に下に、大地にしっかり根を広げよ」

政治にゆめをもつものとして
新たな日々の積み重ねとなる企画、いま準備しています

太陽の光はいつもだれにも分け隔てなく降り注ぐ
だれもが それぞれの思いをみんなの思いにつなげる
はじまりのあたたかき陽光となりますよう。

陽光
陽: 玉<ギョク>(日)から玉光が、放射される様子
玉光には、人の精気を盛んにし、豊かにする魂振りの働きがあるものとされる
あたたかい、日、太陽
光: 会意文字で「火」を「人」が、もちあげている様子
「火」は神聖なもの、火のひかりそのものを指すようになり、自ら放射するものから、輝くに通ず

辞書で調べると、上記のようになります





2012年01月05日
陽光 20120104



平成24年(2012年)1月4日、県議会議事堂にて恒例の
 新春を寿ぐ初会合 が開催され、出席しました
不思議なもので、年があらたまるとともに
議会も議員も当局も皆明るい雰囲気です
多くの方のあいさつにあった「飛躍」の年になるように
私もがんばらねばと思いを新たにいたしました
続いて自民党会館にて 新年初顔合わせ が行われました
長勢甚遠県連会長のもと、激動が予想される
この一年を皆結束してがんばろう 
という気合いに満ちた場となりました

議事堂で氷見選出県議の梶敬信先輩との雑談の中で
吉田君の習字いいとこに飾ってあったぞ
と 教えていただき
始め何のことかピンとこなかったのですが
それは北日本新聞社の新春色紙展のことでした
議員二期目に入り何か新しいことをと思って、昨年の5月から
県議会での議員書道クラブに参加しています
そこで書いた習字が先ほどの先輩との会話の対象でした

北日本新聞社新春色紙展 
北日本新聞本社エントランス&ギャラリー1F
1/9まで 09:00から18:00まで

私もまだ見に行っていませんが、
せっかくですので宣伝させていただきます

ちなみに下の写真の左から三枚目が、私の習字だと思われます






2011年08月17日
盆すぎて<201108171848>

盆がすぎると、朝はめっきり涼しくなります。
あれだけあつくて寝られない毎日が続いていたのになあ
ほんの少し前のことが既に感慨深く思えるくらいです
すべてのことはそうですが、
月も満ちてくると持っていたら既に新月に向う日が始まる
潮汐もそうだし
人生はどうだろう
上がったり下がったりもあれば、いろいろです

しかし、私たちは、自分たちの社会が、歴史として今上がっているのか下がっているのか
よくわからない生を
今の今生きてることを実感している
日本、富山県、富山市、そういう社会の単位において
本当の物差しはあるのか、そもそも歴史の物差しとは何か、
幸福度か
幸福の物差しは何か
政治家を目指し、政治家で在る、生きるということは
いかほどに特別なことか
そうではない
なぜ、政治が人ごとなのか、
経済は、自己完結しない
政治は経済のための政治、純粋物質資本主義的手段に堕落して
政治でなくなった
おさめる対象がものになったから、ものを求められるから
自己完結すべきは、なにか

この春から
このところ、毎日はっきりしない中だが
とても大切な毎日を過ごさせていただいている
頭悪すぎて、
なかなか行動に移せない自分がいる一方で、いい準備できてきています

おどまぼんぎりぼんぎり ぼんからさきゃよかしゅ

こういうのもあったなあ

2011年08月16日
お盆の感謝<201108162204>

CIMG0811-110815.jpg
さて、何の写真でしょう

ひまわりの話が止まっていてすいません
昨日、うちの子供とクイズをしていたら、ひまわりは
1、太陽の方向を向いて咲く
2、てんでバラバラに咲く
3、北は向かない
答えは、2でした
しかし写真などで、見事に同一方向を向いている
ひまわり群をみたような気もします
こういうのは、インターネットで繰ると、
すぐに、ベストアンサーとかいって回答が出ます
それがいいことかどうか。

表題の「お盆の感謝」について
富山では、お盆は14.15.16が一般的だと思いますが、
この三日間で、改めて、自分のことを見つめ直す多くの示唆、体験をいただきました
その中の一つを以下に紹介します
私は、ガッツワーク有限会社を経営しています
具体的には、まるまるとうふ、エストカフェです
そして6月20日に、「まるまる 藤ノ木ひらき店」開店いたしました
開店から二月余り、
ご近所、友人、ご縁のある方、もちろん初めての方も、
多くの方にお越しいただき感謝です
しかし、昨日はこの店のことをきっかけに、
私自身のことをがつんとやっていただきました
店の状態、ひいては私の姿勢そのものに対し、とても厳しい言葉をいただきました。
指摘いただいたことは全くその通りで、
今文章に書いていても、改めて恥ずかしいですし、
不愉快な思いをなさった方、ほんとうに
すみません
少しでも改善につなげて、またご来店いただけるよう、努力いたします
あえて、嫌なことを教えてくださったことに、感謝します
私が、とても恵まれた、ご縁をいただいていることを強く感じています
「お盆に」とは、そのような意味で使いました
またがんばって参ります
ヨシダトヨフミの店は、会社は、吉田豊史の体現である
という当たり前のことがヌケサクのように抜けていました
昨晩にチャンスをくださった皆様、
あらためてありがとうございます

かなり抽象的な書き方ですみません

「ホームページ、まさに三日坊主になってるよ」の声いただきました
慌てて今書いています
ご指摘ありがとうございます

2011年08月11日
ひまわりについて201108112151

ひまわりは富山市の花なのです。
つい先ほどまで
40行ほどいろいろ書いたんですけれど、
キーボード
フラーッといらんところを触ったら
全部セーブ前に消えてしまいました
本当に操作一つをとっても余計なお世話が多すぎる
もっとアナログにシンプルにいきたいですよ
といって、パソコン使っている自分にも腹立ちました

次回は、この続きを気を取り直してひまわりのことから

2011年08月10日
20110810再開二日目<201108102134>

CIMG0923-110810.jpg
どこかでみたきときとくん、今年も活躍中、うれしいですね。

なるべく毎日書きます
政治家が約束を守らなくなったから 政治家がいなくなったとのコメントを
どこかで聞きました 
どんなにできてもすごくても
そのことは政治家の必要条件にさえあたらない

現在 自分に課していることはいくつかあって
それが 
ふがいない自分の政治家としての生命線となっていることを日々実感しています
毎日といったら毎日、毎週といったら毎週、毎月といったら毎月、
自分のルールを作るのは簡単で、かえるのも簡単で、信用を積み上げるのがとても大変で
あっさりと壊せる
日々積み上げているものもあれば
日々失っているものもある
自覚して、はたまた無自覚に

政治活動は私が自ら考え、実行せねばならないことです
多くの方からの様々なアドバイスは
親身であり、感謝しかありません
そして
どのように活動するかは
形式ではなく中身そのものだと考えています
今、時間をかけて組み立てています
そのための宣言を
メルクマールは既に先の選挙前にたてました
立政会の名に恥じぬ
政治活動を考えています
組み立てながら考える、行動しながら考える部分も必要と思います
しっかりといただいたご助言
いかす努力を致します

今日の始めに戻って
ホームページ報告は 
なるべく、の約束です
必ずの約束は、無事今日も勤め上げています
感謝、そして挑戦

次回はひまわりから

2011年08月09日
20110809再開します<201108092332wrote>

CIMG0931-110809.jpg
消防署に止まっていたかっこいい赤ジムニー消防仕様。
毎日暑い日、続きます
夏はあつくてこそ夏なのですが、今年の夏は、いつにも増して、
いろいろなことを私に考えさせます
震災を受けて、日本人として、本当に大切な 過去からつながる歴史の八月は、またいっそう重いものとなっている
八月六日の広島、八日長崎、十五日の終戦 もちろん富山大空襲
原爆を受けた国が原子力の平和利用の名の下に原子力発電を推進してきた国策
いったい私たちは、歴史に学ぶという言葉をどのような覚悟で口にしてきたのか 
国が問われ、国民が問われている、今

昨晩、自民党の富山県連青年部局主催の意見交換会が富山の駅前でおこなわれた
基本的に市内の県議、市議の青年部の方々がきておられたが、
今 ほんとうにおかしい との思いを再確認、共有できたことは、当たり前なのだが とても勇気づけられた
未来をひらくためにこそ政治がある
しかし、政治家がみらいをつくるわけではない
なぜ、こと政治になると人は頼るのか、そしていつも傍観者
自分の未来を自分でひらかずして、何の人生か
自分の未来があって 政治家にたくすのだという当たり前のことが わすれられている
恊働とは、自ら動くことです
感動するモチベーション
感動とは、感じて動くこと
何を感じるのか、こんなにも刺激に満ちているのに感じられないのはなぜなのか

2011年06月07日
201106070753震災視察

おはようございます
6月定例会前に、なんとしても被災地に足を運びたいと思っていました
昨日は南相馬市、宮城県北上川河口
今日は岩手県宮古の北、田老から海岸線を南下しようと思う
南相馬市では、南砺市田中市長に段取りいただき、桜井勝延市長、村田崇副市長、人事法務課の渡邉課長、福島県議会議員 太田光秋氏にお会いした 4名の皆様には、ほんとうに多忙の中お相手いただいた事に感謝いたします 現在南砺市より派遣されている2名の職員の方にもお会いできた 現地から引き上げてきた個人のアルバムや、思いのある物品の洗浄、整理、閲覧の作業をなさっていた 頭が下がる思いです みなさまからは 富山県からの応援に感謝いただいたが、改めて田中市長の英断をすばらしいと思う 太田県議は武田慎一県議の友人でもあり、42才、私の一つ上の先輩になり なんとかしたいという思いと、この厳しい状況下でも前向きな笑顔がとても印象的だ

地震による住宅の屋根瓦など建物被害はみられるが、中越地震に比べると現存のまちの建物被害は小さいようにみえる
震度6強にも関わらず、街は、何事もなかったかのよう普通に感じられ、かえって放射線の見えない怖さが不安になる

避難所、津波被害で跡形もなくなった海沿いの集落、泥だらけの田んぼ、耕作していない田畑
仮設住宅の設置状況 年内には必要数の1/2に満たない 避難所から仮設住宅へ動く意思がない人
学校施設、中学校、高校を含む 
給食 質、量、
地産地消の崩壊
20km,30kmの話、そして域外を含め、ほんとうに放射線量が多いところの区分けは大きな問題
子供のいる若い世帯が放射能の心配により市から避難している 現在1/3ほどしか生徒がいない
放射線について 実際どうなっているのか、どのような影響があるのか、わからないのが実情 あきらめ

朝、市内国道6号沿いの道の駅前でいつものあいさつうんどうをやっていたら、静岡県からボランティアにきている小俣という方に声をかけていただいた 避難所の方々の声をしっかりと聞く事、思いを受け止める事の大切さについて 
政治、政治家 私の役割


宮城県石巻市北、北上川河口 大川小学校

2011年04月11日
201104110534あらためての感謝、そして挑戦

皆様の笑顔の明日のために、心つながるあしたのために。
初心忘れず、いっそう精進して努力して参ります。
感謝、そして挑戦。

最新記事