豊史ワールド
  • HOME
  • 豊史ワールド

2011年08月16日
お盆の感謝<201108162204>

CIMG0811-110815.jpg
さて、何の写真でしょう

ひまわりの話が止まっていてすいません
昨日、うちの子供とクイズをしていたら、ひまわりは
1、太陽の方向を向いて咲く
2、てんでバラバラに咲く
3、北は向かない
答えは、2でした
しかし写真などで、見事に同一方向を向いている
ひまわり群をみたような気もします
こういうのは、インターネットで繰ると、
すぐに、ベストアンサーとかいって回答が出ます
それがいいことかどうか。

表題の「お盆の感謝」について
富山では、お盆は14.15.16が一般的だと思いますが、
この三日間で、改めて、自分のことを見つめ直す多くの示唆、体験をいただきました
その中の一つを以下に紹介します
私は、ガッツワーク有限会社を経営しています
具体的には、まるまるとうふ、エストカフェです
そして6月20日に、「まるまる 藤ノ木ひらき店」開店いたしました
開店から二月余り、
ご近所、友人、ご縁のある方、もちろん初めての方も、
多くの方にお越しいただき感謝です
しかし、昨日はこの店のことをきっかけに、
私自身のことをがつんとやっていただきました
店の状態、ひいては私の姿勢そのものに対し、とても厳しい言葉をいただきました。
指摘いただいたことは全くその通りで、
今文章に書いていても、改めて恥ずかしいですし、
不愉快な思いをなさった方、ほんとうに
すみません
少しでも改善につなげて、またご来店いただけるよう、努力いたします
あえて、嫌なことを教えてくださったことに、感謝します
私が、とても恵まれた、ご縁をいただいていることを強く感じています
「お盆に」とは、そのような意味で使いました
またがんばって参ります
ヨシダトヨフミの店は、会社は、吉田豊史の体現である
という当たり前のことがヌケサクのように抜けていました
昨晩にチャンスをくださった皆様、
あらためてありがとうございます

かなり抽象的な書き方ですみません

「ホームページ、まさに三日坊主になってるよ」の声いただきました
慌てて今書いています
ご指摘ありがとうございます

2011年08月11日
ひまわりについて201108112151

ひまわりは富山市の花なのです。
つい先ほどまで
40行ほどいろいろ書いたんですけれど、
キーボード
フラーッといらんところを触ったら
全部セーブ前に消えてしまいました
本当に操作一つをとっても余計なお世話が多すぎる
もっとアナログにシンプルにいきたいですよ
といって、パソコン使っている自分にも腹立ちました

次回は、この続きを気を取り直してひまわりのことから

2011年08月10日
20110810再開二日目<201108102134>

CIMG0923-110810.jpg
どこかでみたきときとくん、今年も活躍中、うれしいですね。

なるべく毎日書きます
政治家が約束を守らなくなったから 政治家がいなくなったとのコメントを
どこかで聞きました 
どんなにできてもすごくても
そのことは政治家の必要条件にさえあたらない

現在 自分に課していることはいくつかあって
それが 
ふがいない自分の政治家としての生命線となっていることを日々実感しています
毎日といったら毎日、毎週といったら毎週、毎月といったら毎月、
自分のルールを作るのは簡単で、かえるのも簡単で、信用を積み上げるのがとても大変で
あっさりと壊せる
日々積み上げているものもあれば
日々失っているものもある
自覚して、はたまた無自覚に

政治活動は私が自ら考え、実行せねばならないことです
多くの方からの様々なアドバイスは
親身であり、感謝しかありません
そして
どのように活動するかは
形式ではなく中身そのものだと考えています
今、時間をかけて組み立てています
そのための宣言を
メルクマールは既に先の選挙前にたてました
立政会の名に恥じぬ
政治活動を考えています
組み立てながら考える、行動しながら考える部分も必要と思います
しっかりといただいたご助言
いかす努力を致します

今日の始めに戻って
ホームページ報告は 
なるべく、の約束です
必ずの約束は、無事今日も勤め上げています
感謝、そして挑戦

次回はひまわりから

2011年08月09日
20110809再開します<201108092332wrote>

CIMG0931-110809.jpg
消防署に止まっていたかっこいい赤ジムニー消防仕様。
毎日暑い日、続きます
夏はあつくてこそ夏なのですが、今年の夏は、いつにも増して、
いろいろなことを私に考えさせます
震災を受けて、日本人として、本当に大切な 過去からつながる歴史の八月は、またいっそう重いものとなっている
八月六日の広島、八日長崎、十五日の終戦 もちろん富山大空襲
原爆を受けた国が原子力の平和利用の名の下に原子力発電を推進してきた国策
いったい私たちは、歴史に学ぶという言葉をどのような覚悟で口にしてきたのか 
国が問われ、国民が問われている、今

昨晩、自民党の富山県連青年部局主催の意見交換会が富山の駅前でおこなわれた
基本的に市内の県議、市議の青年部の方々がきておられたが、
今 ほんとうにおかしい との思いを再確認、共有できたことは、当たり前なのだが とても勇気づけられた
未来をひらくためにこそ政治がある
しかし、政治家がみらいをつくるわけではない
なぜ、こと政治になると人は頼るのか、そしていつも傍観者
自分の未来を自分でひらかずして、何の人生か
自分の未来があって 政治家にたくすのだという当たり前のことが わすれられている
恊働とは、自ら動くことです
感動するモチベーション
感動とは、感じて動くこと
何を感じるのか、こんなにも刺激に満ちているのに感じられないのはなぜなのか

2011年06月07日
201106070753震災視察

おはようございます
6月定例会前に、なんとしても被災地に足を運びたいと思っていました
昨日は南相馬市、宮城県北上川河口
今日は岩手県宮古の北、田老から海岸線を南下しようと思う
南相馬市では、南砺市田中市長に段取りいただき、桜井勝延市長、村田崇副市長、人事法務課の渡邉課長、福島県議会議員 太田光秋氏にお会いした 4名の皆様には、ほんとうに多忙の中お相手いただいた事に感謝いたします 現在南砺市より派遣されている2名の職員の方にもお会いできた 現地から引き上げてきた個人のアルバムや、思いのある物品の洗浄、整理、閲覧の作業をなさっていた 頭が下がる思いです みなさまからは 富山県からの応援に感謝いただいたが、改めて田中市長の英断をすばらしいと思う 太田県議は武田慎一県議の友人でもあり、42才、私の一つ上の先輩になり なんとかしたいという思いと、この厳しい状況下でも前向きな笑顔がとても印象的だ

地震による住宅の屋根瓦など建物被害はみられるが、中越地震に比べると現存のまちの建物被害は小さいようにみえる
震度6強にも関わらず、街は、何事もなかったかのよう普通に感じられ、かえって放射線の見えない怖さが不安になる

避難所、津波被害で跡形もなくなった海沿いの集落、泥だらけの田んぼ、耕作していない田畑
仮設住宅の設置状況 年内には必要数の1/2に満たない 避難所から仮設住宅へ動く意思がない人
学校施設、中学校、高校を含む 
給食 質、量、
地産地消の崩壊
20km,30kmの話、そして域外を含め、ほんとうに放射線量が多いところの区分けは大きな問題
子供のいる若い世帯が放射能の心配により市から避難している 現在1/3ほどしか生徒がいない
放射線について 実際どうなっているのか、どのような影響があるのか、わからないのが実情 あきらめ

朝、市内国道6号沿いの道の駅前でいつものあいさつうんどうをやっていたら、静岡県からボランティアにきている小俣という方に声をかけていただいた 避難所の方々の声をしっかりと聞く事、思いを受け止める事の大切さについて 
政治、政治家 私の役割


宮城県石巻市北、北上川河口 大川小学校

2011年04月11日
201104110534あらためての感謝、そして挑戦

皆様の笑顔の明日のために、心つながるあしたのために。
初心忘れず、いっそう精進して努力して参ります。
感謝、そして挑戦。

2011年04月01日
201104010501選挙

大震災の被災者の皆様に、こころよりお悔やみとお見舞い申し上げます。
救命救助、応援の皆様に感謝申し上げます。
今日までの皆様の応援に心から感謝し、いっそう頑張ります。
ありがとうございます。

2011年01月11日
20110109出初め式、成人式、新年会<201101111430wrote>

CIMG0536forhp.jpg
20110109 07:30 消防出初め式 まず 石金成田山にて 東部分団中川勇分団長以下分団員 校下の無火災を祈願
富山県は、20年連続の出火率最低全国一を達成見込みとのこと 住民と関係各位の日頃の努力の賜物 ただただ すばらしい 

CIMG0544forhp.jpg
式が始まる前の和やかな雰囲気 
成人式はやはり女の子たちが主役だなあ 会場でむこうから声をかけてきてくれた新成人の青年がいた 小さい頃からみてきた近所の子だった さわやかな青年らしい姿を頼もしく思った僕も負けずにさわやかにガンバろう 
20110109 10:00 東部小学校 成人式
20110109 11:00 旧清水町小学校 成人式

町内会新年挨拶、消防分団新年挨拶、自治振興会新年挨拶

今日は旗日 
もし日の丸国旗が駄目という方がいたら 
どんな旗でもよいから
生まれそだったこの地 このひと このふるさとへの
感謝の旗をあげてほしい
一人で成人できた者はいない

2011年01月08日
大河ドラマ<201101082018>

「江」は、大河ドラマ第50作という大きな節目にあたる作品です。
 大河ドラマの歴史を築いた大先輩のひとりである故・吉田直哉ディレクターは、大河ドラマの魅力は「過去と現在との対話」だとしています。
 田渕久美子さんの「篤姫」は、21世紀に生きる我々に、幕末の人々と同時に歴史事件に遭遇し、思いを共にし、一緒に心を震わせる瞬間を生みだしてくださった、と私は思っています。まさに、過去と現在との対話の醍醐味を、私は知りました。それは、熱烈なご支持をいただいた多くの視聴者の皆さんからの絶大な反響にも表れていたと感じます。
 今回、田渕さんがどんな躍動感ある戦国時代を体験させてくれるのか、どんな魅力的な歴史上の人物と出会わせてくれるのか、私は一人の視聴者としても楽しみでなりません。
 50作目とはいえ、ドラマづくりの手法に特段の変わりはありません。ハラハラドキドキワクワクという基本を大切にしていくのみです。そして、大河ドラマが、100作、200作、1000作へと続くためにも、とことん面白いドラマにします。
制作総括 屋敷陽太郎
(NHKのホームページから引用) 

明日の夜から始まる記念すべき50作目NHK大河ドラマ
チーフプロデューサーが中学の同級生、屋敷陽太郎だ
彼のチャレンジに敬意と祝福を。
もしかすると、テレビを見ない我が家のルール変更か。
彼の言葉の「ドラマ」を「政治」に置き換えれば、まさに至言
是非一人でも多くの人に見てほしい
本作の大成功を心から祈る。

2011年01月08日
あいさつうんどう新地開拓<201101081131wrote>

CIMG0523forhp.jpg
藤ノ木校下 大島交差点(常願寺川大日橋左岸西)

今年に入って毎日続けている あいさつうんどう
ちなみに昨年は、日曜祝日は休みにしていた
頭で考えるよりも 体が毎日やるんだぞと反応しだした気がする
今朝は新地開拓させていただいた 
景色が違う 初めてわたしのあいさつうんどうを見る人ばかり
こちらも別の意味の気合いが入る
あいさつうんどうは私の政治活動の芯となりつつある
その意味が私の中で つながりつつある
この運動のきっかけは4年前の選挙のとき
これをはじめさせてくれた友に改めて感謝
あいさつこそすべて 「基本」ではなく「全て」だ




20110104 11:00 「新春を寿ぐ初会合」 知事 県議会議長主催 議事堂にて
20110104 11:45 「新年初顔合わせ」 自民党富山県支部連合会 長勢会長主催 県連自民党会館
20110107 10:00 「富山県警察年頭視閲式」新保総合運動公園かまぼこドーム
20110107 13:30 「清水町清寿会連合会新年研修会」清水町地区センター
町内新年会まわり